私の愛車を売りに出す時

将来的に二世帯住宅は人気がでるでしょう

今日本は仕事の関係で親から離れて暮らす人が多い状況ですが、もし同じ地域に親と子(既婚者含む)が暮らしているのなら、ぜひとも二世代住宅に住むことを推奨します。どのみち子は自分の住居を得るのですから、その折り親とよく相談し、親が居住している住宅を売却するなどして、二世代住宅を建て二世代同居で住むことをお薦めします。
理由は経済的な得失です。賃金がかつてのように上昇しない現状では、高価な家を、親が1つ、子が1つ保有することは極めて不経済です。単純に考えても、子が払う住宅ローンは苦しいし(なかなか改善しない)、寿命がさらに延び親も超高齢時代が長く続くので、ますます二世代住宅にあらかじめ二世代が住むことが将来的に必要とされるでしょう。こちら→二世帯住宅 間取りに載ってます。

 

ただし経済的理由以外にも重要な事がもちろんあるでしょうから、日頃から親子はよくコミュニケーションをとることが肝心です。また親といっても、夫婦どちらの親かという問題もあるので、夫婦間の意思疎通も大事なことです。